FC2ブログ

WRと工具と整備と。

あるWR450Fユーザーの雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

のむラボホイール5号 フロント 2本目(笑)。

ロードバイクのフロントホイールの組み方は、現在ではほぼラジアル組になってます。
なので、それにそって昨年5号をオーダーした時も組み方はラジアルでお願いした訳ですが、リムのハイトが低いので、1号と比べるとちょっと頼りなく感じていました。
実際、平地でもがいても最高速は1号より出なかったですし。

それを踏まえて、今年はスポークの本数を増やした5号のフロントをオーダーするつもりでデュラエースのハブHB-9000 24Hを準備
していたところに、タイミング良くこの記事がアップされたので、24Hラジアルから4本組へオーダーを変更する事に。

DSC_0156_convert_20181008212553.jpg
で、先日組み上がった物を引き取ってきました。

DSC_0155_convert_20181008212629.jpg
HB-9000 24H CX-RAYヨンヨンイタリアン組みです。

DSC_0147_convert_20181008212755.jpg
リムテープ無しで633g、20Hのスターハブで組んだ物が561gなので、スポーク+ニップルが増えた分以上にハブが重量増の原因になってますね。

DSC_0149_convert_20181008212727.jpg
ノーチューブのリムテープを2周巻いた状態で644gとなりました。

すでに100㎞程乗ってますが、予想よりはるかに硬くなってびっくりしてます(笑)。
そのあたりの印象なんかは、もう少し距離乗ったら記事にするつもりですが、
一つ言えるのは、体重やパワーのある方が手組をオーダーするなら、フロントをタンジェントで組むという選択も大いに有りだと思いますよ。
スポンサーサイト
  1. 2018/10/08(月) 21:59:41|
  2. CAAD10
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2本目(笑)。

SL SPRINT STEMを買い足す必要があったかどうかは置いといて・・・。

DSC_0038_HORIZON.jpg
これは100㎜。
110㎜+70㎜と100㎜+80㎜で数値上は同じ180㎜でも、操作感は変わる訳で。
  1. 2018/08/21(火) 20:15:51|
  2. CAAD10
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヨルノ ビワイチ


写真は安曇川の道の駅(の中にあるローソン)で売ってる、朽木宝牧場のソフトクリーム。

久々に琵琶一してきました。
日中は脳ミソ溶けそうな温度なので、木曜日の仕事終わった18時30分スタートで。
半時計回りでPWも通らないので、2時迄に家に帰ってこれました。

ナイトランになるのも久々でしたが、交通量も少なく、気温も低めなのでかなり快適ですね。
今の時期、走るなら早朝か夜やなぁ~( ´∀`)
  1. 2018/07/21(土) 13:49:10|
  2. CAAD10
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一年後に会いましょう


6月14日にあった登録審査に合格したので、昨日は京都にお店を構えてる研師の方に、刀を預けてきました。
元の白鞘も傷みがあるので、白鞘とハバキの製作も一緒に頼んであります。
仕上がりは約一年後。
なので手元に戻ってくるのは大分先になりますが、楽しみです。
  1. 2018/06/23(土) 14:12:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4つ爪になってる


今は前後のむラボホイール1号の組合せで乗ってるので、5号のフリーのグリスを入れ替えようとフリーを外したら4つ爪になってました。
1号と交換用に追加購入したフリーは3つ爪でしたから、5号を使い始めた時に「若干フリーの音が違うな」と感じたのは、これが理由ですね。
  1. 2018/06/07(木) 13:23:42|
  2. CAAD10
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

WHITE INDUSTRIES T11

180519_204144.jpg
のむラボホイール1号のフロントハブをエボライトハブからホワイトインダストリーズのT11ハブに組み直してもらいました。

エボライトハブは軽いのは良いんですが、ボディ自体が軽薄な作りでベアリングのサイズも小さすぎるので、体重が重たい上にスポークをヌポ・・・もとい、エルボアウトで組んだ条件が厳しかったみたいです。
それでもベアリング交換1回で4年は使えてるので、大きな問題あった訳ではありませんが。

今回の交換に際して、
1、ハブシャフトが太い=ベアリングが大きい
2、玉当たり調整が可能
3、フランジ間の幅が広い
4、PCDが大きい
5、20H
辺りを条件としたんですが、そうなると完組ホイール全盛の今となっては、ほとんど選択肢無いんですよね(´・ω・`)
最終的に在庫が有った、ホワイトインダストリーズT11、クリスキングR45、24Hに妥協してシマノHB-9000の中から、T11を選んでます。
  1. 2018/05/21(月) 21:15:47|
  2. CAAD10
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Super GPSが修理から戻ってきた。

180519_203952.jpg
先週の金曜に修理から戻ってきました。
USBカバーは現行ロットの物に交換されてあるそうですが、以前の物よりはちょっと柔軟性がある様な気がします。
  1. 2018/05/21(月) 20:59:38|
  2. CAAD10
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Lezyne Super GPSを修理に

180503_111733.jpg
Super GPSのUSBポートのカバーがもげかけてるので、修理に出す事に。
来週中に戻ってくればいいけれど、どうなるかな?
  1. 2018/05/12(土) 20:58:20|
  2. CAAD10
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お勉強

180417_184538.jpg
手入れの仕方や取扱い、専門用語を覚えねば!

とは言え、6月の登録審査で登録書が発行されたら研ぎに出して、手元に戻って来るのが約1年後なので時間的には余裕があるんですけどね。
  1. 2018/05/06(日) 13:25:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヘッドパーツの交換

今年は早々にセーブルのカップを買ったり、日本刀を持つ事になったりで、フレームを買う予算が消えました(笑)。
なので、もう少しCAAD10に頑張ってもらわないといけないので、購入以来手つかずのヘッドパーツを交換する事に。

CAAD10の規格はトップがIS42、ボトムがIS47ですが、クリスキングにはその規格がないので、ケーンクリークの物を購入。
180403_205928.jpg
ボトムは負荷も大きいので110を。
と言っても、IS47のボトムは110しか無いんですけどね(笑)。

180403_183132.jpg   180403_201446.jpg
110グレードではありますが、ベアリングは40の物で、クラウンレースが110の物になってます。
交換してしばらく経ちますが、レースについてるシールリップがきちんと役目を果たしている様で、グリスが外に出てきません。

180403_201349.jpg
外したノーマルパーツはタンゲの物ですが、クラウンレースのベアリング接触面が明らかにおかしな当たり方をしています。
CAAD10を購入したその年の冬にオーバーホールした時点で変な当りが出ていて、気にはなってはいたんですがステアリングの動き自体にはほぼ問題が無かったので、定期的に分解して点検だけはしていました。

180403_201528.jpg
トップも110にしたかったんですが、諸事情により手持ちのタンゲのベアリングとコンプレッションリングを使うことになりました。 [ヘッドパーツの交換]の続きを読む
  1. 2018/05/06(日) 13:22:14|
  2. CAAD10
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

noriyuki 

Author:noriyuki 
日々の出来事から、自転車とバイク関連の記事を。
たまにティー/コーヒーカップ等の西洋磁器や銀器の話も。

WR関連の検索で来られた方は左下にある「カテゴリー」から"バイク"か"整備"で見てください。
質問があれはコメント欄に書いてもらえれば、自分の経験した範囲内なら返答できるかと。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。