WRと工具と整備と。

あるWR450Fユーザーの雑記

ブルーオニオンのティーポット


マイセンのティーポット、3個めはノイエ・アウスシュニットのブルーオニオンで。
ラインナップの最小サイズで8分目容量350ccのモデルです。

このシェイプは18世紀に原型が作られたので、サイズも豊富で知ってるだけで6種類あります。
1250ccの00727
1000ccの00726(これが基本サイズ)
750ccの00725
550ccの00724
500ccの00723
350ccの00722(今回購入したサイズ)
と、なっていて、購入時は型番をチェックしとかないと容量を間違える可能性も(笑)。


蓋のツマミはバラの花で、落とせば確実に割れます(´・ω・`)
これが気になって今まで買わなかったんですが、ブルーオニオンシリーズのカップやクリーマーを使ってる以上、そう言う訳にもいかなくなって来て・・・。


ノイエ・アウスシュニット、波の戯れ、コスモポリタンと集まったので、次買うならグローサー・アウスシュニットかな?
あまり知られてませんが、350ccのポットがラインナップされてるので。
手軽に揃えるならヘレンドもいいんですが、優先順位的にはマイセンが先かなぁ(・∀・)
  1. 2017/07/12(水) 15:07:28|
  2. 磁器・カトラリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハゲるなぁ


マイセンのXフォームですが、


このシェイプ、高台の径と井戸の径がほぼ同じな上、井戸の縁に金彩が施されてるので、使ってるとどうしても金彩が剥げてきてしまいますね(´・ω・`)
  1. 2017/07/05(水) 10:13:45|
  2. 磁器・カトラリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハドンホール


お客様からのプレゼントです。
ミントンのハドンホール、これも洋食器の定番パターンですね。
  1. 2017/06/11(日) 14:35:16|
  2. 磁器・カトラリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Pickard

170525_183708.jpg
繊細な花絵付け等はありませんが、金やプラチナを使った装飾はヨーロッパのメーカーに負けてはいないと思います。

170531_075438_ed.jpg
お店ではマイセンやヘレンドのカップを使っていますが、古典的なシェイプの物は取手が独特な形状の為、正直言って使いにくいです(特に男性は)。

170525_183837.jpg
もう少し持ちやすいカップで出してくれ、と言われる事もあるので、無難に使いやすい物をとなると価格帯や入手性からウェッジウッド辺りになりますが、定番過ぎてマニア的に面白くありません(笑)。

で、色々なメーカーを調べて白羽の矢が立ったのがアメリカのピカード(ピッカード?)でした。
現在は代理店が国内にありませんが、以前はそれなりに流通していたのか、探せばデッドストックを見つける事ができます。

170525_184238.jpg
写真左奥側から、コリンシアン、ジュネーブ、パレス、左手前がワシントン、パレスロイヤルとなります。

170525_184943.jpg
当時のカタログにあるモデルは揃える事ができました(笑)。

170525_184803.jpg
あと、こんな非売品も手元にやってきてます・・・(・∀・)
  1. 2017/06/01(木) 13:13:00|
  2. 磁器・カトラリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ド定番!


昨日行ったウェッジウッドのアウトレットショップで、あり得ないような割引率で売られていたヴィクトリアシェイプのワイルドストロベリー。
ラベルを見たら、MADE IN THE UNITED KINGDOMとなってます。
全モデルが東南アジア方面での生産に切り替わったと思ってたんですが、そうでもないんですね。
  1. 2017/05/20(土) 14:00:45|
  2. 磁器・カトラリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コスモポリタン


二人分の紅茶をポットサービスするために、マイセンのコスモポリタンのポットとクリーマーを購入しました。
発表された頃は、こんなの絶対に買うこと無いやろな、と思ってたんですが(笑)。
マイセンで白磁で600cc容量のポットとなると、あんまり選択肢無いんですよね。
凝った意匠も無く、マイセンらしくないデザインなので購入までに大分悩みましたが、仕事道具なので仕方ない、と割りきりました。
波の戯れシリーズで600cc位のティーポット作ってくれないかなぁ(´・ω・`)


カタログでもポットと書かれてるだけあって、茶葉を漉す機能はありません。
  1. 2017/05/17(水) 13:41:45|
  2. 磁器・カトラリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

波の戯れ ティーポット


今日、紅茶をポットサービスする為に久々に使いました。
見た目の美しさ、機能性、共に完璧と言えるポットの一つです(・∀・)

うちのお店はコーヒーがメインなので、あまり出番は無いのですが(笑)。
  1. 2017/03/05(日) 15:21:46|
  2. 磁器・カトラリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クリストフル ポートロイヤル コーヒースプーン

別の目的でお金を貯め始めると、探し物が出てくる不思議(笑)。

170301_194008.jpg
廃盤になって久しい、ポートロイヤルと言うモデルのコーヒースプーンを手に入れたので、今晩はついでに銀磨き。
次はケーキフォークか・・・。
どこかにデッドストックが残ってたりしないかな?
  1. 2017/03/01(水) 21:49:34|
  2. 磁器・カトラリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京都高島屋 マイセン展


昨日は午後から京都高島屋へ。
7日~12日までマイセン展が開催されてるので、それを見に行ってきました。
基本的に出不精なので、京都まで電車で出かけるなんてまず無いんですが、9日、10日、11日はマイセンからペインターのホルスト・ブレッチュナイダー氏が来られて絵付けの実演をされるとの事だったので、是非とも行かねば!と(笑)。

会場内の写真はありませんが、展示内容は普段は中々お目にかかれない様な物が沢山展示されていましたし、ブレッチュナイダー氏の実演も素晴らしかったし、スタッフの方から色々な話を聞けたりして、すごく勉強になりました。
たまにはこういった展示会を見に行くのもいいもんですね(笑)。
  1. 2016/09/10(土) 21:01:39|
  2. 磁器・カトラリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

銀磨き


定期作業です(笑)。
スプーンの方はまだまだ大丈夫なんだけど、卵に触れるフォークの方は先端の変色が一月位で出てきますね。
[銀磨き]の続きを読む
  1. 2016/02/06(土) 18:35:19|
  2. 磁器・カトラリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

noriyuki 

Author:noriyuki 
日々の出来事から、自転車とバイク関連の記事を。
たまにティー/コーヒーカップ等の西洋磁器や銀器の話も。

WR関連の検索で来られた方は左下にある「カテゴリー」から"バイク"か"整備"で見てください。
質問があれはコメント欄に書いてもらえれば、自分の経験した範囲内なら返答できるかと。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する