WRと工具と整備と。

あるWR450Fユーザーの雑記

ド定番!


昨日行ったウェッジウッドのアウトレットショップで、あり得ないような割引率で売られていたヴィクトリアシェイプのワイルドストロベリー。
ラベルを見たら、MADE IN THE UNITED KINGDOMとなってます。
全モデルが東南アジア方面での生産に切り替わったと思ってたんですが、そうでもないんですね。
  1. 2017/05/20(土) 14:00:45|
  2. 磁器・カトラリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コスモポリタン


二人分の紅茶をポットサービスするために、マイセンのコスモポリタンのポットとクリーマーを購入しました。
発表された頃は、こんなの絶対に買うこと無いやろな、と思ってたんですが(笑)。
マイセンで白磁で600cc容量のポットとなると、あんまり選択肢無いんですよね。
凝った意匠も無く、マイセンらしくないデザインなので購入までに大分悩みましたが、仕事道具なので仕方ない、と割りきりました。
波の戯れシリーズで600cc位のティーポット作ってくれないかなぁ(´・ω・`)


カタログでもポットと書かれてるだけあって、茶葉を漉す機能はありません。
  1. 2017/05/17(水) 13:41:45|
  2. 磁器・カトラリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

波の戯れ ティーポット


今日、紅茶をポットサービスする為に久々に使いました。
見た目の美しさ、機能性、共に完璧と言えるポットの一つです(・∀・)

うちのお店はコーヒーがメインなので、あまり出番は無いのですが(笑)。
  1. 2017/03/05(日) 15:21:46|
  2. 磁器・カトラリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クリストフル ポートロイヤル コーヒースプーン

別の目的でお金を貯め始めると、探し物が出てくる不思議(笑)。

170301_194008.jpg
廃盤になって久しい、ポートロイヤルと言うモデルのコーヒースプーンを手に入れたので、今晩はついでに銀磨き。
次はケーキフォークか・・・。
どこかにデッドストックが残ってたりしないかな?
  1. 2017/03/01(水) 21:49:34|
  2. 磁器・カトラリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京都高島屋 マイセン展


昨日は午後から京都高島屋へ。
7日~12日までマイセン展が開催されてるので、それを見に行ってきました。
基本的に出不精なので、京都まで電車で出かけるなんてまず無いんですが、9日、10日、11日はマイセンからペインターのホルスト・ブレッチュナイダー氏が来られて絵付けの実演をされるとの事だったので、是非とも行かねば!と(笑)。

会場内の写真はありませんが、展示内容は普段は中々お目にかかれない様な物が沢山展示されていましたし、ブレッチュナイダー氏の実演も素晴らしかったし、スタッフの方から色々な話を聞けたりして、すごく勉強になりました。
たまにはこういった展示会を見に行くのもいいもんですね(笑)。
  1. 2016/09/10(土) 21:01:39|
  2. 磁器・カトラリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

銀磨き


定期作業です(笑)。
スプーンの方はまだまだ大丈夫なんだけど、卵に触れるフォークの方は先端の変色が一月位で出てきますね。
[銀磨き]の続きを読む
  1. 2016/02/06(土) 18:35:19|
  2. 磁器・カトラリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年最後の銀磨き


年末にバタバタするのは嫌なので、大掃除は計画的に。

タイミングよく、銀磨きクロス(ハガティ シルバーダスター)が届いたから、って理由もありますが(笑)。
  1. 2015/12/22(火) 17:01:11|
  2. 磁器・カトラリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

銀磨き


銀は硫化して変色してしまっても、手入れをすれば直ぐに元の輝きを取り戻します。
最初は重曹とアルミホイルを使って変色を取っていましたが、今はハガティの「シルバーポリッシュ」も併用しています。

邪魔の入らない時間を見計らって黙々と磨く訳ですが、これが中々どうして、至福の一時となってます(笑)。
  1. 2015/11/23(月) 15:13:58|
  2. 磁器・カトラリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

銀の硫化


モーニングには卵を使うから、変色はどうしても早くなりますねぇ(・∀・)
  1. 2015/11/14(土) 12:42:22|
  2. 磁器・カトラリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メタルマークを取りましょう


磁器表面に金属が強い力で接触すると、金属側が削られて磁器表面に筋状の汚れが残る事があります。
これをメタルマークと呼ぶんですが、洗剤で洗ったくらいでは落とすことができない困り者で。
家庭用はともかく、仕事で使う食器はできるだけきれいな状態で使いたいので、定期的にメタルマークを除去しないといけません。
業務用で専用の除去剤もありますが、けっこういい値段するんですよね(笑)。

150407_144221.jpg
で、使うのが先人の知恵にならって「サンポール」で、付着した金属粒子を酸の力で取る訳です。

150407_101917.jpg
店で使ってる皿ですが、ステンレスフォークを使ってるので、こんな感じでメタルマークが残ってます。
まず、お湯を使って磁器を温めて。

150407_102438.jpg
ペーパーにサンポールを含ませて、マークの残る部分に押し当てます。

150407_114411.jpg
そのまま30~40分程置いておく事で軽度の物は落とせます。
落ち切らない場合はもう一度。
クレンザー等で削り落とす訳じゃないので磁器表面は傷みませんが、金彩や銀彩部分は傷む可能性があるので注意が必要です。
基本的には白磁部分のみに使える技だと思ってください。
あと、サンポールは独特の臭いがしますので、処理が終わったら食器をしっかり洗ってくださいね。
  1. 2015/04/07(火) 15:04:15|
  2. 磁器・カトラリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

noriyuki 

Author:noriyuki 
日々の出来事から、自転車とバイク関連の記事を。
たまにティー/コーヒーカップ等の西洋磁器や銀器の話も。

WR関連の検索で来られた方は左下にある「カテゴリー」から"バイク"か"整備"で見てください。
質問があれはコメント欄に書いてもらえれば、自分の経験した範囲内なら返答できるかと。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する