WRと工具と整備と。

あるWR450Fユーザーの雑記

撃沈(笑)

タイヤにD604をいれた事もあって、ちょっと走りに行ってみた訳ですよ。

NEC_0541.jpg

結果はダメダメでした・・・。

17インチのハイグリップタイヤと320mmのブレーキに合わせたセッティングでは、怖くてまともに走れません。
何事もバランスが大事ですね~(笑)。
  1. 2007/08/31(金) 21:41:00|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

車検仕様

車検仕様が組み上がりました。

NEC_0536.jpg

クラッチワイヤーとスロットルワイヤーの交換があるので、もう一度外装はバラすんですが・・・。
構造変更を申請したら、ここまでする必要も無いんですが、申請書を書くのが面倒なんですよね(笑)。

NEC_0539.jpg

NEC_0540.jpg

NEC_0538.jpg

色々、普段とは違う物が付いてます(笑)。
しかし、何だ、サスをモタード用にローダウンしてあるから、オフロードホイールはめるとバランス悪く見えるなぁ・・・。

  1. 2007/08/30(木) 20:57:53|
  2. 整備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

車検

WR450Fの車検が9月に切れるので、車検の準備を始めました。

NEC_0534.jpg

グレーゾーンなバイクだけに、色々とメンドクサイです(笑)。
  1. 2007/08/27(月) 23:00:27|
  2. 整備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

パンク

NEC_0533.jpg

バイク乗りだしてそこそこ経つけど、公道でパンクしたの初めてだよ・・・。

あつしさん、今日は助かりました、ありがとうございます~。
  1. 2007/08/24(金) 21:53:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

工具追加

久しぶりに工具買いました。

NEC_0530.jpg

Betaのスライド6角レンチ(951)とコンビネーションレンチ(42MP)です。
951-5mm
951-6mm
42MP-10mm
42MP-11mm
951は手持のヤツがヘタってきたので、42MPはモノを見てみたかったので買ってみました。

NEC_0531.jpg

で42MPなんですが、安っぽくみえますね・・・。
本来は写真上の42(これはコーケンへのOEMモデルなので420です)の様に梨地仕上げなんですが、MPはそのミラーメッキモデルです。
まだ現物を見たことが無かったので、取り寄せてもらいましたが、何か萎えました・・・(笑)。
やっぱり梨地が好みですね~。

後もう一つ、

NEC_0532.jpg

バッテリー充電器です。
たまたまセールで安くなってたので、衝動買いです。
以前、バッテリーを上げた時に慌てたので、やっぱり必要かなと。
これでいつでもWRを封印できます(笑)。
  1. 2007/08/23(木) 23:08:59|
  2. 工具
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:5

ただ今

フォークの設定変更中です。

NEC_0529.jpg

上手くいくと良いけど・・・。
  1. 2007/08/20(月) 21:53:10|
  2. 整備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハスクバーナ

2008モデルはFIですか・・・。
husqvarnate450.jpg

写真見る限り、250はFCRっぽいですが。
新型フレームで、サイレンサーの取り回しも変わってますね。
他にも色々変更点があるそうで・・・。



  1. 2007/08/19(日) 20:46:47|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

懐かしい

当時買いそびれた本を、ようやく入手する事が出来ました。

NEC_0528.jpg

ダートクール特別編集「ヤマハYZ400F」です。
初代400Fが出てから、もう10年なんですねぇ。
  1. 2007/08/18(土) 20:59:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

スリッパーって・・・

各所でベタ褒めされてますが、実際はどうなのか確かめるために、いつもの峠に行ってきました。

NEC_0527.jpg

最近はモタード率高めです(笑)。

走ってみた感想なんですが、バックトルクがある程度消されるのでかなり乗りやすく感じます。
以前にPCVを組んだ時と比べて、消え方に不自然さが無いので最初から違和感無く走れました。
バックトルクが消えた分、ブレーキとフォークには負担がかかっている様で、
フロントのセッティングは少し変更する必要がありました。
あと、どんなに適当なシフトダウンをしても、リアタイヤがホッピングしないので、ブレーキに集中できます。
以前は、ホッピングさせないためにクラッチで誤魔化したり、ブレーキのタイミングを考えてたんですけどね・・・。
ハーフロック状態には簡単に持っていけますが、ドリフトに持ち込むのはもう少し慣れが必要な感じ。
停止状態ではノーマルより重く感じるクラッチレバーの引きも、走り出すと気にならなくなります。
最初はノークラッチでシフトダウンが出来る、と聞いていましたが、峠で私が乗る分にはクラッチを使った方が良さそうです。
たまに出るレバーのキックバックが気にはなりますが。
やはりレーシングパーツなので、ペースが上がれば上がるほど恩恵は大きいんだと思います。
私は早めにシフトアップしてあまり高回転まで引っ張らない乗り方なので、最初は?マークだったんですが、
乗り方の違うあつしさんが試乗したところ、卑怯だ!と言われましたし(笑)。
今度はサーキットにもって行きたいですね。

今の所の結論は
見えないパーツに13万も使ってられるかっ!じゃ無く(笑)、
サーキット等でスポーツ走行がメインの使い方で、お金に余裕があるなら入れてみても良いのでは、ってトコですかね(笑)。
私は某オークションで入手したので、結構安くついてラッキーでした(笑)。
さて、後は耐久性なんですけどねぇ、どこまで持つのやら・・・。




  1. 2007/08/17(金) 22:02:46|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

STMスリッパークラッチ

待てど暮らせど来なかったSTMのSSTですが、
某ルートにてなんとか手に入れることが出来ました。
NEC_0509.jpg

ドゥカティ用ですけどね(笑)。
ホールドする部分は共通なので、使う事ができます。
しかしこのSST、無駄に凝った作りをしてますし、精度もかなり高いですね。

では以下、WR450Fへの組み付けです。
NEC_0510.jpg

邪魔になる外装を外してバイクを寝かせ、クラッチカバーを外します。
このキットはアウターハウジングはノーマルを使うので、インナーハウジングを取り外します。
NEC_0511.jpg

外せたら、STMのハブを置いて、6個のスチールボールを置いていきます。
ボールとハブの溝にはモリブデングリスの塗付が指定されてます。
NEC_0512.jpg

ドラムを組み付けます。
実は先にハブ、ドラム、ボールを組んで、M6ボルトで仮止めしてからメインシャフトに組み込むそうです(笑)。
NEC_0513.jpg

ドラムストッパーハブ、セカンダリースプリングサポート、セカンダリースプリングを組み付けて。
NEC_0514.jpg

クラッチ板を入れて、プレッシャープレートを組み付けます。
組み込む前にクラッチ板の厚みを計測する必要があって、36.5±0.2mmが指定値です。
NEC_0515.jpg

プライマリースプリングサポート、プライマリースプリングを組んだら。
NEC_0516.jpg

スプリングサポートワッシャー、ロードベアリング、スプリングストッパーハブを組み付けます。
NEC_0517.jpg

スプリングワッシャーとセンターナットを組んで。
NEC_0518.jpg

SSTでクラッチを押えて、付属のSSTでセンターナットを締め付けます。
YZ/WR450Fの締め付けトルクは75Nmです。
NEC_0519.jpg

ノーマルのプレッシャープレートから取り外したプッシュピースを取り付けて、
ベアリングレストをはめて、サークリップで固定したら組み付け完了。
後は外したカバーなどを戻していくだけです。
NEC_0520.jpg

外したノーマルパーツ。
今回はクラッチ板は新品で組んで、一番奥に組んであるスプリングは取り外しました。



[STMスリッパークラッチ]の続きを読む
  1. 2007/08/15(水) 23:12:53|
  2. 整備
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール

noriyuki 

Author:noriyuki 
日々の出来事から、自転車とバイク関連の記事を。
たまにティー/コーヒーカップ等の西洋磁器や銀器の話も。

WR関連の検索で来られた方は左下にある「カテゴリー」から"バイク"か"整備"で見てください。
質問があれはコメント欄に書いてもらえれば、自分の経験した範囲内なら返答できるかと。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する