WRと工具と整備と。

あるWR450Fユーザーの雑記

2013年2月の走行距離

130228_212522.jpg
今月の走行距離は290kmでした。
丸々一週間お店に預けてたとはいえ、300㎞も走ってなかったとは・・・。
明日から3月、そろそろペースを上げる方向で調整しないとな~( ´∀`)
  1. 2013/02/28(木) 22:10:26|
  2. 走行距離
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タイヤローテーション

CAAD10のリアタイヤのセンターが結構平らになってきてたので前後ローテーションする事にしました。
チューブレスタイヤなので、あんまりやりたくなかったんですが(笑)。

130226_185344.jpg
シーラントを併用するので、遠慮なくタイヤレバーを使います。

130226_185533.jpg
タイヤが外れると、リムの中でシーラントが派手に固まってます。
さすがに組んでから5ヶ月も経つと液体は無くなってしまうんですね。
当然、このままタイヤを組めるはずもなく、掃除して綺麗にしないといけません。
これが面倒なんで、ローテーションするのに気が重かったんですよねぇ・・・。

130226_192453.jpg
やはり、リムに腐食の跡が見られますね。
シーラントを入れる以上これは仕方ないんでしょうけど、そもそもロードのリム事自体がブレーキで削れる消耗品なんで、あんまり気にしたらダメです。

130226_212455.jpg
組み付けも当然、タイヤレバーを使用します。
交換だけなら10分も掛からないけど、今回は1時間以上リムの掃除をしてた様な気がします(笑)。

130226_212409.jpg
リアに持ってきたフロントタイヤはまだセンターのラインが薄ら残ってますね。

130226_213232.jpg
使い始めて2000㎞ちょっとでこの状態ですし、サイドカットせず上手く行けば4000㎞位は使えるかな?
と言うか、安くないからそれ位はもってほしいなぁ・・・。
  1. 2013/02/26(火) 22:33:20|
  2. CAAD10
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DT Swiss RWS Titanium Road Skewer

クイックの様でクイックに非ず。

130220_154004.jpg
DT SwissのRWS Titanium Road Skewerです。
CAAD10の仕上げに軽量なクイックを探していたんですが、簡単に手に入りそうな物は固定力が怪しい物ばかり。

過去にも色々手を出してはいるものの、結局安心して使えるのはシマノかマビック(カンパも良いらしいですが、使った事ないので)の2択でしたが、朽木へDHしに行った時に見せてもらったDTのRWSスルーアクスルの出来が良かったので、その内に手に入れようと思ってました。
ただ、価格が価格なもので、中々購入には至らなかったんですが、少し前のモデルを安価で入手する事ができました。

130220_154021.jpg   130220_155606.jpg
重量はセットで78g、シマノが125gなので、そこそこ軽いですね。
構造的にはラチェット機構内蔵のレバーの付いたスキュワーシャフトで、工具無しで締めこめます。
固定力は抜群ですが、クイックよりは脱着に時間が掛かるので、レースとかには向かないかな?
このレバーは樹脂バージョンなので、あんまり力掛けると折れそう(笑)。
現行モデルはアルミレバーにマイナーチェンジしてるので、そっちの方が安心感ありそうですね・・・。

130221_111040.jpg   130221_111131.jpg
交換するとこんな感じになります。

130221_110945.jpg
一番うれしいのが、保管用のスタンドが適正位置で掛けられる事ですね(笑)。
CAAD10はエンドの形状の関係で、シマノのクイックを使うとレバーがチェーンステーの下側になって、スタンドが簡単に外れてしまう状態で、ちょっと不安だったんですよ。
  1. 2013/02/26(火) 10:46:18|
  2. CAAD10
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

EASTON EC70 SL3

130221_202550.jpg
実はDi2化の時に一緒にハンドルも交換してます。
使ったのはEASTONのカーボンハンドル、EC70 SL3です。
アルミフレームのCAAD10で快適性を確保する為に、これは必須かと(笑)。
とは言え、カーボンのEC70の方が固く感じますが、素材の特性で振動を減衰して伝えてくれるので体への負担は少なくなります。
純正のC3はアルミで撓る感触がある割に、振動は結構ダイレクトに響くんですよね。

130221_202559.jpg
サイズは40。
先に、ステムの交換でアップバーまでの距離を適正化していたので、そこから更にブラケットまで距離を近くする為にC3よりショートリーチの物が必要でした。

130221_202936.jpg
リーチ75㎜のドロップ130㎜。
ドロップ120㎜位だと言う事なかったんだけどな~(笑)。

130221_202719.jpg   130221_202758.jpg
で注文してから気が付いたんですが、このハンドルは上から見るとハの字でドロップ側が広がっていて、サイズ表記はドロップ部分のC-Cとなってるんですよ。
なので40サイズのブラケット間の寸法は385㎜位しかありません。
自分の場合、普段はアップバーを握ってることが多いので狭いのはあまり気になりませんが、常にブラケットを握ってる人は注文時、サイズに気を付けてください。
  1. 2013/02/24(日) 17:57:38|
  2. CAAD10
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メモ

130217_203413.jpg
クランクを170mmから165mmに変更して1週間。
自分の股下長では、やはり165mmの方が合ってるみたいで、膝の負担が全然違います。
ケイデンスも無理無く上げれますし、それによって速度も稼げるようになってますから、今回のクランク変更は正解でした( ´∀`)
理屈の上では、スピンドルが30mmから24mmに落ちて剛性は低下してる事になりますが、自分レベルでは全く分かりませんしね(笑)。

今週の走行距離
17日 24km
18日 休み(雨)
19日 休み(雪)
20日 24km
21日 24km
22日 57km
23日 24km
計 153km

久々の150km/週ですね。
  1. 2013/02/23(土) 21:14:22|
  2. 走行距離
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

湖岸ポタ

130222_144205.jpg
今日はトレイルが雪の影響で走れそうになかったので、湖岸道をのんびり50㎞程。
一部、吹雪いてましたがそれ以外はドライで、それなりに快適に走ることができました。
昼間に乗るの、久しぶりだなぁ・・・。
  1. 2013/02/22(金) 18:59:38|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ULTEGRAへ

130221_202105.jpg
アルテグラでも6700シリーズじゃなくて6770、つまり電動モデルのDi2です。
CAAD10 5を買った時点でコンポはフル交換の予定で、最後までワイヤー式か電動かで悩んでましたが、年末にファームウェアのアップデートがあって、多段変速や変速スピードの可変、11速への対応が可能になった上、どうやら9070のリアディレイラーも動かせることが判明したので、Di2を導入する事にしました。
後、ブレーキレバーが横に動かなくなる、ってのが理由としては大きいかな。

130221_202143.jpg
フロントディレイラーとバッテリー。
バッテリーは思ってたより小さいですね。
フレームサイズが50でそこまで大きくないから、シートチューブ側のボトルケージが使えるか心配してましたが杞憂に終わりました。

130221_202229.jpg
リアディレイラー、これはかなり大きくて横に張り出してるので転倒時は色々ヤバそうです(笑)

130221_202035.jpg
変速の面白味は無くなりましたが、ロードはトレーニングの道具と割り切ってるので、これはこれで良い様な気がしてます。
  1. 2013/02/21(木) 21:32:35|
  2. CAAD10
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

シマノ化完了~

CAAD10が自転車屋さんから帰ってきました!

130215_201902.jpg
CX70の165㎜クランクでシマノ化完了です。

130215_201929.jpg
BBは奮発してクリスキングにしてあります。
デュラのBBも考えてましたが、今回のモデルチェンジでベアリングが小径化されてますし、耐久性は従来のものより落ちた、と見てもよさそうなので・・・。
セラミックベアリングに関しては否定派なのでステンレスの方ですが、シマノの従来のBBよりは軽く回りますし。
気軽にメンテナンスできるってのは、いいもんですよ(笑)。
  1. 2013/02/16(土) 21:04:05|
  2. CAAD10
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

CRF組み立て

130215_161850_ed.jpg
朝から霙な今日は、あつしさんの今シーズン用のバイクの組み立てを手伝ってました。

組み上がってからフロートバルブのトラブルが発覚した時は焦りましたが、そのあたりのスペアパーツは持ってたので無事に対処する事ができました。
オーバーホールから帰ってきた練習エンジン、メカニカルノイズが減って、傍で聞いてても分かるくらい静かになってます(笑)。
  1. 2013/02/15(金) 22:15:07|
  2. 整備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

35→34(E13 GUIDE RING)

アブソルート4Xの変更点、その2です。

チェーンリングが35Tでは登り返しでちょっと重たいので、34Tへ変更です。

130201_161645.jpg
用意したのはE13のガイドリング34Tで、色はシルバー。

130201_163647.jpg   130201_161718.jpg
いざ届いて物を確認してみると、ちょっと仕様変更されてます。
リング自体の厚みが増して、42gと少し重たく。
同じシルバーなんだけど、アルマイトの発色も違いますね。
然り気無く値上げされてもいます・・・(゚Д゚)

130201_163532.jpg
以前の仕様は35Tで33gと異常な位軽かったから、今の仕様が普通でしょうね。

130201_181630_ed.jpg
TRS+の最小リングは33Tなのでそれでも良かったんですが、リアカセットに11-34を組んでるから、ギア比が丁度1になる34Tの方が分かりやすくていいかな~と。

130201_180339.jpg
そして、外した35Tは再びCovertに。
最近、チェーンリングの交換ばかりしてるような気がするなぁ。
  1. 2013/02/13(水) 19:12:25|
  2. ABSOLUT 4X Ti
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

noriyuki 

Author:noriyuki 
日々の出来事から、自転車とバイク関連の記事を。
たまにティー/コーヒーカップ等の西洋磁器や銀器の話も。

WR関連の検索で来られた方は左下にある「カテゴリー」から"バイク"か"整備"で見てください。
質問があれはコメント欄に書いてもらえれば、自分の経験した範囲内なら返答できるかと。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する