WRと工具と整備と。

あるWR450Fユーザーの雑記

モトクロッサーの初期整備

久しぶりに新車を整備で預かったので、ついでに書いときます。
よく言われている事ですが、新車でも各部のベアリングにはグリスが申し訳程度しか入っていません。
ですから、走り出す前に一度ステムやリンクを分解して、グリスを入れなおす必要があります。

120304_193901.jpg   120304_194102.jpg
ステムなんてこんな感じでした。
しかも、アンダーブラケット側は金属片のオマケ入り(笑)。

120304_195117.jpg
グリスは表面に塗るだけでなく、ベアリングの隙間を埋めるように、確りと塗り込みましょう。

120304_213224.jpg
もちろん、リアもばらします。
毎回思うんだけど、ホンダはシャフトにグリスを塗って組まんのな。
リンクやピボット、アクスルの各シャフトすべてがグリスッ気無しです。
マニュアルには塗るように指定してあるのに。

120304_205731.jpg
これはマイナス溝をなめて泣いた人も多い、ブレーキのパッドピンの蓋。
固着しやすいのでパッドピンと共にグリスを塗ります。
この他にも、私はほとんどのボルトを外してグリスを塗るようにしてますが、潤滑する事によって指定トルクで締めるとオーバートルクになるので注意が必要となります。

120304_223752.jpg
これも後から気がついて泣く事になるチェーンアジャストボルト。
面倒でも一度外して、グリスを塗っておきましょう。

120305_194933.jpg
あとはシュラウドの固定ボルト。
特にタンクに固定する部分は、タンク側に埋め込んであるナットと固着する事がありますしね。

大雑把ですが、車体周りはこんな感じに初期整備。
後は必要に応じてスロットルやクラッチワイヤーの潤滑、ブレーキフルードの入れ換えなんかもします。
今時のレーサーは基本的に高性能なんですから、その初基性能を出来るだけ長く維持する様に予防整備を心掛けていくと幸せになれると思いますよ(笑)。
  1. 2012/03/05(月) 21:03:31|
  2. 整備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<「さよなら」と「こんにちは」 | ホーム | メモ>>

コメント

毎度ありがとうございます。
  1. 2012/03/08(木) 20:58:44 |
  2. URL |
  3. いつものの人 #-
  4. [ 編集]

>いつものの人さん
いや、こちらも楽しんで作業してますし。
新車は汚れてないから作業しやすいね(笑)。
  1. 2012/03/08(木) 22:34:42 |
  2. URL |
  3. noriyuki #d3xRQPUk
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wr450f.blog87.fc2.com/tb.php/1162-afacf22a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

noriyuki 

Author:noriyuki 
日々の出来事から、自転車とバイク関連の記事を。
たまにティー/コーヒーカップ等の西洋磁器や銀器の話も。

WR関連の検索で来られた方は左下にある「カテゴリー」から"バイク"か"整備"で見てください。
質問があれはコメント欄に書いてもらえれば、自分の経験した範囲内なら返答できるかと。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する