WRと工具と整備と。

あるWR450Fユーザーの雑記

KINGのBBのグリスアップ

ARCに組んだCHRIS KINGのBBですが、特に問題は感じませんが4ヶ月程経ったので一度グリスアップをしてみました。
インジェクターツールも買ってるから、使わないと勿体無いですし(笑)。

120406_160238.jpg   120406_160257.jpg
まずはクランクを外します。
ホローテック2になってからは外すのが簡単で良いですね。
で、ついでにBB周りの清掃とトルクチェックを。

120406_160340.jpg
BBからインナースリーブを外します。
シマノと違って、KINGは簡単に外せます。

120406_161241.jpg   120406_161825.jpg   120406_162506.jpg
グリスアップにはグリスガンとKING専用のインジェクターが必要です。
手持のアストロのグリスガン、ノズルが違うので別に購入しておいたAZのノズルに交換します。

120406_162630.jpg
KINGのインジェクターツール、グリスを入れていくと先端の穴からグリスがBBのベアリングに供給される様になってます。

120406_162731.jpg
ツールをBBに突っ込んでグリスを入れていくと、

120406_163200.jpg
こんな感じで古いグリスが押し出されてきます。
そんなに距離を走った訳ではありませんが、結構黒い色をしてますね。
作業する前は中のベアリングが簡単に回ってましたが、グリスアップ後は回すとグリスの抵抗を感じるようになりました。
って事は、新品の時からあんまりグリスは入ってないのか?
グリスの注入時なんですが、勢いよく入れるとベアリングのシールが外れてしまう事があるそうなので注意してください。

120406_164638.jpg
両方グリスアップできたら、はみ出たグリスを拭取って、クランクを元通りに戻せば作業完了です。
作業時間もそんなに掛からないし、もう少し短い期間でグリスアップするべきなのかもしれませんね。
  1. 2012/04/06(金) 18:01:46|
  2. ARC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<メモ | ホーム | 3匹目のトカゲ(Cane Creek 40.IS42 Short Cover)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wr450f.blog87.fc2.com/tb.php/1179-9bd8ffbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

noriyuki 

Author:noriyuki 
日々の出来事から、自転車とバイク関連の記事を。
たまにティー/コーヒーカップ等の西洋磁器や銀器の話も。

WR関連の検索で来られた方は左下にある「カテゴリー」から"バイク"か"整備"で見てください。
質問があれはコメント欄に書いてもらえれば、自分の経験した範囲内なら返答できるかと。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する