WRと工具と整備と。

あるWR450Fユーザーの雑記

クランクのシマノ化 その1

BB30とサヨナラです。
一度異音が出て以降、特にトラブルが出た訳では無いですが、トラブルの種を抱えて走るのも精神衛生上良くないですし、自分の股下長ではクランク長は165mmの方が負担少なそうなので。

130207_215132.jpg
まずは下準備。
フレームにアダプターを圧入するんですが、その作業はお店に任せます。
自分でも出来そうですが、トラブル出た時の保証を考えると任した方が無難ですし。

130207_212626.jpg
Qリングの移植は自分で作業するので、クランクを抜いてみました。
構成パーツはこれだけ。

130207_212812.jpg   130207_212725.jpg
BBのベアリングは直接フレームに圧入されてます。
ベアリングのシールドは本体のシールと外側に付けるカバーで賄ってます。
故に防水、防塵性能が低い訳ですね。
その分、無負荷での回転はビックリするくらい軽いんですが(笑)。
ベアリングにしても、肉厚の薄いBBシェルに、幅の無いベアリングを圧入して、位置決めは内側のストッパーリングで止めてるだけです。

130207_212658.jpg
スピンドルはアルミで、ベアリングのインナーレースで直接保持するので、4000km程度で傷入りまくりです。

自分的には、そこそこの性能を長い時間維持できるほうが好みなので、正直、BB30みたいな設計は嫌いですね。
とは言っても、最近のロード自体、長く使うような設計がされてないような気もしますが・・・。
  1. 2013/02/08(金) 16:44:04|
  2. CAAD10
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<クランクのシマノ化 その2 | ホーム | 作った物>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wr450f.blog87.fc2.com/tb.php/1373-9dcb4b69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

noriyuki 

Author:noriyuki 
日々の出来事から、自転車とバイク関連の記事を。
たまにティー/コーヒーカップ等の西洋磁器や銀器の話も。

WR関連の検索で来られた方は左下にある「カテゴリー」から"バイク"か"整備"で見てください。
質問があれはコメント欄に書いてもらえれば、自分の経験した範囲内なら返答できるかと。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する