WRと工具と整備と。

あるWR450Fユーザーの雑記

のむラボホイール1号

160908_180524.jpg
CAAD10に組んだホイールは、大阪の「自転車工房 のむラボ」さんによる手組ホイールです。

使ってみての印象は、今まで使っていたRS81-C35-CLと性能的には大差は無い様に感じます。
むしろ、平地や上りに関しては、1号の方が走りやすい様な(笑)。
C35は30km/h手前までは脚に嫌な重さを感じるので・・・。
ただ、リムの細さとブレーキゾーンの幅の狭さによる初期調整の面倒さや、シマノのリムと比較するとやや落ちるブレーキの効き、ハブベアリングの小ささから予想される耐久性への不安、といったネガな部分もありますが、このあたりは使い続けてみないと何とも言えません。

160908_180615.jpg   160908_180556.jpg
フロントは一般的なラジアル組(スポークの通し方は逆ですが)、

160908_180641.jpg   160908_180731.jpg
リアはタンジェント組ですが、左右で組み数とスポークのサイズを変えたり、反フリー側を結線する事でスポークテンションの差を改善しようとしてあります。

160827_200250.jpg   160827_203058.jpg
重量はビットリアのリムテープ込みでフロント633g、リアはリムテープ、センサーマグネット込みで852gの合計1485gです。
なので単純な話なら、以前使ってたWH7900-C24-TLよりも軽い事になります。
もっともシマノのハブは重いので、実際はリムが軽いC24の方が走行感は軽く感じる訳ですが。

160827_204139.jpg   160827_204448.jpg
試走の段階でフリーの音がうるさめだったので、グリスを入れ替えてあります。

あと、久々に別のメーカーのタイヤに交換したんですが、適性空気圧が判断できたら記事にします(笑)。
GP4000S2と同圧で乗ったら印象最悪でしたし・・・(´・ω・`)
  1. 2016/09/11(日) 22:20:33|
  2. CAAD10
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<御斉峠 | ホーム | 京都高島屋 マイセン展>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wr450f.blog87.fc2.com/tb.php/1685-a8eb959f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

noriyuki 

Author:noriyuki 
日々の出来事から、自転車とバイク関連の記事を。
たまにティー/コーヒーカップ等の西洋磁器や銀器の話も。

WR関連の検索で来られた方は左下にある「カテゴリー」から"バイク"か"整備"で見てください。
質問があれはコメント欄に書いてもらえれば、自分の経験した範囲内なら返答できるかと。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する