WRと工具と整備と。

あるWR450Fユーザーの雑記

ヘッドパーツの交換

今年は早々にセーブルのカップを買ったり、日本刀を持つ事になったりで、フレームを買う予算が消えました(笑)。
なので、もう少しCAAD10に頑張ってもらわないといけないので、購入以来手つかずのヘッドパーツを交換する事に。

CAAD10の規格はトップがIS42、ボトムがIS47ですが、クリスキングにはその規格がないので、ケーンクリークの物を購入。
180403_205928.jpg
ボトムは負荷も大きいので110を。
と言っても、IS47のボトムは110しか無いんですけどね(笑)。

180403_183132.jpg   180403_201446.jpg
110グレードではありますが、ベアリングは40の物で、クラウンレースが110の物になってます。
交換してしばらく経ちますが、レースについてるシールリップがきちんと役目を果たしている様で、グリスが外に出てきません。

180403_201349.jpg
外したノーマルパーツはタンゲの物ですが、クラウンレースのベアリング接触面が明らかにおかしな当たり方をしています。
CAAD10を購入したその年の冬にオーバーホールした時点で変な当りが出ていて、気にはなってはいたんですがステアリングの動き自体にはほぼ問題が無かったので、定期的に分解して点検だけはしていました。

180403_201528.jpg
トップも110にしたかったんですが、諸事情により手持ちのタンゲのベアリングとコンプレッションリングを使うことになりました。
110や40をトップに使わなかった理由ですが・・・。

180411_183708.jpg
ケーンクリークはコンプレッションリングがトップカバーに組み込まれる形になっているので、ベアリングとコンプレッションリングのみを使う事が出来ないんですよね。

180411_184114.jpg
こんな感じで、コンプレッションリングが飛び出てしまいます。
ケーンクリークのカバーはショートで9㎜高、それを使うとポジションが出ないので、泣く泣くあきらめました。
  1. 2018/05/06(日) 13:22:14|
  2. CAAD10
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<お勉強 | ホーム | お買い物>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wr450f.blog87.fc2.com/tb.php/1777-c67fa27d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

noriyuki 

Author:noriyuki 
日々の出来事から、自転車とバイク関連の記事を。
たまにティー/コーヒーカップ等の西洋磁器や銀器の話も。

WR関連の検索で来られた方は左下にある「カテゴリー」から"バイク"か"整備"で見てください。
質問があれはコメント欄に書いてもらえれば、自分の経験した範囲内なら返答できるかと。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する