WRと工具と整備と。

あるWR450Fユーザーの雑記

Covert組み立て その1

2010061519300000.jpg
組み立てと言いつつ、分解してます(笑)。
下準備として、各ピボットのベアリングにグリスを入れるためなんですよ。

2010061518590000.jpg   2010061518590001.jpg
ロッカーアーム。
シールを外してみたら、ほとんどグリス入ってません。
指で回してみても滑らかさが感じられないし、ベアリングは安物なのかな?

2010061519050000.jpg
新品でいきなり交換するのもあれですし、今回は予定通りグリスアップで。
ロッカーのベアリング、4個の内グリスが入っている様に見えたのは1個だけでした。
この後にチェックした各ピボットのベアリングもグリスが入ってる物と入ってない物とがありました。
ベアリングの製造過程でグリスを封入する時は片面に入れて終わりなのかな?

2010061519140000.jpg   2010061519200000.jpg
シートステーにメインピボット。
どちらもグリスは入ってませんね~。
面倒ですが、チェックしておいて正解でした。

2010061520550000.jpg
そして組み直し。
後は時期が来たらi-Driveから部品を移植して、完成となります。
その2は7月になってからですね~。


2010061520560000.jpg
ついでにヘッドパーツはCANECREEK 110に交換してありますが、何と言うかブラックアルマイトでは自己主張が無いですね・・・(笑)。
ステムの高さは暫定仕様なんで、とりあえすトールキャップを使ってます。

2010061519320001.jpg
で、懸案の下側なんですが・・・。

2010061519550000.jpg
ラッキーな事にベアリングの規格が同じなので、110のベアリングがそのまま使えました。

前まわりを組んでハンドルを回してみると、もの凄くスムーズにクルクルと回ります。
それこそ気持ち良い位に。
高級パーツを投入した甲斐があるってもんですよ~ヽ(´∀`)ノ


|д゚)単に、ベアリングをグリスアップしたからだ、って話もありますが・・・。
真相はどっちでしょう(笑)。
  1. 2010/06/15(火) 22:31:40|
  2. Covert
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<8月14日、京都の石清水八幡宮にて | ホーム | 今後の予定>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wr450f.blog87.fc2.com/tb.php/750-b524e49e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

noriyuki 

Author:noriyuki 
日々の出来事から、自転車とバイク関連の記事を。
たまにティー/コーヒーカップ等の西洋磁器や銀器の話も。

WR関連の検索で来られた方は左下にある「カテゴリー」から"バイク"か"整備"で見てください。
質問があれはコメント欄に書いてもらえれば、自分の経験した範囲内なら返答できるかと。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する