WRと工具と整備と。

あるWR450Fユーザーの雑記

CANE CREEK 110.CLASSIC

YAZOOのヘッドパーツをCANE CREEK 110.CLASSICに交換しました。
琵琶一する前の整備で、TANGE Techno Glideにガタがあることに気付いてはいたんですが、琵琶一の結果如何ではフレームの入れ替えも考えていたのでそのまま乗ってました。
まあ、200km走りきって身体へのダメージがほとんど無く、あえて言うなら180kmを超えてからお尻が痛くなりましたが、これはパッド付きのインナーを使えばクリアできそうな感じでなので、YAZOOにはもう一年頑張ってもらう事にしました。
欲を言うなら、もう少しトップ長が長いと楽なんでしょうけどね~。

ってな訳で、isekiさんにて交換してもらいました。

2010102215240000.jpg   2010102215250000.jpg
CANE CREEK 110.CLASSIC 1 1/8" TRADITIONAL
色は110はアルマイトの発色がキレイなので色付きも考えましたが、自己主張の無い黒色で。
付属品は2.5mm厚のインターロックスペーサーが1枚。
最初の方のロットは2.5mm、5mm、10mmの3枚のインターロックスペーサーが付いていたので何となく損した気分(笑)。

2010102215310000.jpg
シールは一度外して、グリスを入れます。
110はSplit-Lipシールを採用してるのが売りの一つでもあるんですが、今回届いたのは上側のシールが違ってるようなんですが・・・?
ケースは110の刻印があるんですが、グレーのシールベアリングってS8辺りに使われてる物のはず。
下側は間違いなくブルーのSplit-Lipシールです。
ちょっと問い合わせした方がいいのかな?

2010102215310001.jpg   2010102215310002.jpg
ベアリングの状態。
左が上側、右が下側。
リテーナーの色も違いますね。
やっぱり上側のベアリングは別物なのか?それとも仕様変更でもあったのか?

2010102215450000.jpg
今回はフォークのフェイシングもお願いしました。
そのままでは意外と面が出てないもんなんですね~。

2010102220160000.jpg   2010102220160001.jpg
で、交換完了。
カタログではスタックハイトはほとんど差が無いはずだったのに、110の方が1mm位多いような感じでした。
ので、スペーサーはステム下に2.5mmを一枚使う事に。
もう少しハンドルの高さを下げたいと思っていたので、ちょうど良かったです。

2010102220190000.jpg
外したTechno Glide。
リプレイスのカートリッジベアリングがあれば復活できると思うんですがカタログには存在しないんですよねぇ・・・。
一度引き抜いて、仕様を確認しておかないと。

とりあえず、交換は正解でした。軸周りが新品になると感動しますね~(笑)。
詳しい感想は、もうちょい乗ってから

オマケ。

2010102220200001.jpg
こちらは以前購入した110 ISの箱。

2010102220200000.jpg
で、こっちが今回購入した110 CLASSICの箱。
いつの間にやら、ASSENBLED IN USAになってるし(笑)。
いや、まあ、物がしっかりリてればどこで作っててもいいんですけどね・・・。
  1. 2010/10/22(金) 23:02:16|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<メモ | ホーム | サイスポ 11月号>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wr450f.blog87.fc2.com/tb.php/837-7eef6bc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

noriyuki 

Author:noriyuki 
日々の出来事から、自転車とバイク関連の記事を。
たまにティー/コーヒーカップ等の西洋磁器や銀器の話も。

WR関連の検索で来られた方は左下にある「カテゴリー」から"バイク"か"整備"で見てください。
質問があれはコメント欄に書いてもらえれば、自分の経験した範囲内なら返答できるかと。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する