WRと工具と整備と。

あるWR450Fユーザーの雑記

寸法に泣いた日(DR-Z 腰上オーバーホール その7)

110204_142522.jpg
今日は予定通り、スリッパークラッチの組み付けから作業開始。
今回は贅沢にもCMPのクラッチプレートを使います。

110204_140050.jpg   110204_142039.jpg
クラッチプレートがアルミになるので、とにかく軽いです。
重量を量ってみると、CMPが173gに対してノーマルは501gとなりました。
軽いに越した事は無いんですが、問題は熱が入った時に膨張率の違いがどんな形で出るかなんですよね。
個人的には、アルミのクラッチプレートは一番使いたくないパーツだったりしますが、人柱になってもらうと言う事で(笑)。
もっとも、モトクロスやエンデューロでも使ってるくらいだから、そのあたりの問題はクリアできてるのでしょうけど・・・。

110204_144148.jpg
ところが、組み込み前の寸法確認で問題発生。
STMのハウジングに入りません。

110204_143950.jpg
念のためノーマルでも確認しましたが、入りません。
箱にはDR-Z400用と書いてあったので、問題ないはずなんですが。
とりあえず電話で確認すると、「至急対策するので送り返して欲しい。」との事だったので、即発送手続きを。
時間が無駄になるんだから、検品してから出荷してほしいもんですねぇ・・・。


で、気を取り直して、作業の続きを。
クラッチプレートは帰ってくるまでノーマルを使う事にして、スリッパークラッチの組み込みを。

110204_181010.jpg
ところが再び問題発生。
スリッパークラッチのベースが入りません。
どうもメインアクスルに切ってあるスプラインの寸法が公差の範囲で最大値らしく、ノギスで簡易計測するとスリッパー側のスプラインと同寸法なので、無理に入れると圧入になってしまいます。
古いエンジンの方も寸法を測りましたが、その差が0.1mm程。
念のため、コルセに同症状の事例が無いか問い合わせてみましたが、そんな状態は初めて聞いたとの事(笑)。
だからズズキは嫌いなんですよ!
と、文句を言っても始まりませんし、使えるように対策を。

110204_181035.jpg
問題があるのはスプラインの谷側の寸法なんで、その部分を鑢で削ります。
これが原因でクラック入ったりして・・・(笑)。

110204_183510.jpg
そして、何とか組めるようになりました。

110204_190649.jpg
鑢を買出しに行ってる間に、あつしさんがその他の作業を進めてくれたおかげで、現在はこんな状態に。
クラッチプレートが届くのを待つ事になったので、続きはクラッチプレートが戻ってきたら作業再開です。

ホントはこの後、夜トレに出るつもりでしたが、この作業で気力を使い果たしたので今日はもう休みます(笑)。
精神的に疲れるのはキツイなぁ・・・。
  1. 2011/02/04(金) 21:11:10|
  2. 整備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<メモ | ホーム | ホース交換のススメ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wr450f.blog87.fc2.com/tb.php/914-46338ba4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

noriyuki 

Author:noriyuki 
日々の出来事から、自転車とバイク関連の記事を。
たまにティー/コーヒーカップ等の西洋磁器や銀器の話も。

WR関連の検索で来られた方は左下にある「カテゴリー」から"バイク"か"整備"で見てください。
質問があれはコメント欄に書いてもらえれば、自分の経験した範囲内なら返答できるかと。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する