WRと工具と整備と。

あるWR450Fユーザーの雑記

激坂練


昨日は機材トラブルの為、予定を変更して近場で勾配20%~の坂を上ったり下ったり。
短距離なので上れますが、こんな斜度が続くような道は走りたくないと思いつつ、一回は暗峠に行ってみたいと思ったり(´・ω・`)
  1. 2016/11/05(土) 13:25:04|
  2. CAAD10
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Titanium Cageで揃えました

161029_155700.jpg
シートチューブ側用に、King CageのTitanium Cageを購入しました。
ステンレスやアイリスでも良かった気がしますが、キングケージはチタンで始まってますしね。
今だに1個ずつ手曲げで作られる、昔ながらの製品です。

161029_153607.jpg
見た目はクラシックですが重量は28gとカーボンクラス、固定力と耐久性は比較になりません。
今回はボトル付のデッドストックをゲット。

161029_155255.jpg
今まで使ってたのは定番のELITE Custom Raceで、これは2個目の物です。
割った事は無いんですが、樹脂だけに使ってると数年でへたって固定力が落ちてくるんですよね。
キングケージなら、フレームの寿命が来てもケージは大丈夫な気がします(笑)。 [Titanium Cageで揃えました]の続きを読む
  1. 2016/10/31(月) 16:58:34|
  2. CAAD10
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

EASTON EC90 SLX3 Road Handlebars

161024_183949.jpg
ハンドルをEC70SL3からEC90SLX3に交換しました。
リーチ、ドロップは変わりませんが、ブラケット部分での幅を380mm(EC70)から400mm(EC90)に変更するためです。
仕様変更されて剛性が上がったらしい現行モデルも気になりましたが、ドロップが浅くなったのが気になるので見送ってます。
リーチも5mm伸びてるので、場合によってはステムを100mmに戻さないとダメな可能性もありましたし。

160721_182805.jpg   160722_215907.jpg
幅広になってますが、カーボンのグレードが上がってるので軽くなってます。
明らかに硬くもなりましたが(笑)。
  1. 2016/10/27(木) 21:50:26|
  2. CAAD10
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

道の駅あやま


昨日は三重県の「道の駅あやま」までツーリング。
何かを食べるでも、見るでもなく、ただ行って帰っただけです(笑)。
  1. 2016/10/22(土) 16:14:24|
  2. CAAD10
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2週続けてアセボ峠

161007_143426.jpg
2台ともサドルが00・・・。

先週に引き続き、今週もアセボ峠に行ってきました。
結構短時間で帰ってこれるので、定番コースになりそうです。
ヒルクライムは苦手なんですけどね(笑)。 [2週続けてアセボ峠]の続きを読む
  1. 2016/10/07(金) 19:58:27|
  2. CAAD10
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

御斉峠


昨日は午後から御斉峠でヒルクライムとペダリングの練習。

のむラボ1号とシュワルベワンの組合せに、ようやく慣れてきた気がします(笑)。
  1. 2016/09/17(土) 14:37:27|
  2. CAAD10
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

のむラボホイール1号

160908_180524.jpg
CAAD10に組んだホイールは、大阪の「自転車工房 のむラボ」さんによる手組ホイールです。

使ってみての印象は、今まで使っていたRS81-C35-CLと性能的には大差は無い様に感じます。
むしろ、平地や上りに関しては、1号の方が走りやすい様な(笑)。
C35は30km/h手前までは脚に嫌な重さを感じるので・・・。
ただ、リムの細さとブレーキゾーンの幅の狭さによる初期調整の面倒さや、シマノのリムと比較するとやや落ちるブレーキの効き、ハブベアリングの小ささから予想される耐久性への不安、といったネガな部分もありますが、このあたりは使い続けてみないと何とも言えません。

160908_180615.jpg   160908_180556.jpg
フロントは一般的なラジアル組(スポークの通し方は逆ですが)、

160908_180641.jpg   160908_180731.jpg
リアはタンジェント組ですが、左右で組み数とスポークのサイズを変えたり、反フリー側を結線する事でスポークテンションの差を改善しようとしてあります。

160827_200250.jpg   160827_203058.jpg
重量はビットリアのリムテープ込みでフロント633g、リアはリムテープ、センサーマグネット込みで852gの合計1485gです。
なので単純な話なら、以前使ってたWH7900-C24-TLよりも軽い事になります。
もっともシマノのハブは重いので、実際はリムが軽いC24の方が走行感は軽く感じる訳ですが。

160827_204139.jpg   160827_204448.jpg
試走の段階でフリーの音がうるさめだったので、グリスを入れ替えてあります。

あと、久々に別のメーカーのタイヤに交換したんですが、適性空気圧が判断できたら記事にします(笑)。
GP4000S2と同圧で乗ったら印象最悪でしたし・・・(´・ω・`)
  1. 2016/09/11(日) 22:20:33|
  2. CAAD10
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

手組ホイール


ただ漫然と組んだ物ではなく、理論と経験に基づいて組まれた物なら、エントリーグレードの完組を越える物となる事もありそうな・・・。
まだ1回しか乗ってませんが、RS81-C35が予備ホイールになってしまいそうな予感が(笑)。

C35-CLのリム、結構重たいんやなぁ・・・(´・ω・`)
  1. 2016/08/26(金) 12:01:22|
  2. CAAD10
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブレーキワイヤーセットとバーテープ

ロードはハンドルを交換しようと思ったら、バーテープを捲らないといけないのが面倒ですね(笑)


今回はDi2を組んで以来交換していないブレーキアウターも交換するので、ブレーキワイヤーセットBC-9000も用意しました。


バーテープはディズナのロードバーテープ。
ここ2年程リザードスキンのバーテープを使ってきましたが、このテープは汗をかくとグリップ力が極端に落ちる印象があるんですよね。
握り心地と値段は最高レベルなんですが(笑)。
ディズナのテープはゴルフのグリップ用の素材を使っているので、その対策になるかな?と。
価格的にもリザードスキンの半額以下で購入できるので、交換を躊躇うことも無さそうですし(´・ω・`)
  1. 2016/08/09(火) 13:23:21|
  2. CAAD10
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

420mm


モデルチェンジで今が最安値っぽいので(笑)。

現在は変更になりましたが、この時期のEASTONの寸法表記はハの字になってる下ハンのC-Cなんですよね~(・∀・)
ブラケット幅は400mmになるので、体格から導かれる一般的な適正サイズになります。

今まで使っていた物は同じくEASTONの400mm幅なので、C-Cはブラケット幅380mmで下ハン400mmでした。
なんで狭いのを使っていたかと言うと、CAADを買った某プロショップの店員さんが商品知識を持ってなかったからですよ(´・ω・`)
ただ、幅が狭いのは「速度を出す」と言う点ではメリットがあるので、一概に悪いとは言いきれないんですけどね。

しばらく420mmを使ってみて、納得いかないなら400mmに戻すかも(笑)。
  1. 2016/08/08(月) 16:05:21|
  2. CAAD10
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

noriyuki 

Author:noriyuki 
日々の出来事から、自転車とバイク関連の記事を。
たまにティー/コーヒーカップ等の西洋磁器や銀器の話も。

WR関連の検索で来られた方は左下にある「カテゴリー」から"バイク"か"整備"で見てください。
質問があれはコメント欄に書いてもらえれば、自分の経験した範囲内なら返答できるかと。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する