WRと工具と整備と。

あるWR450Fユーザーの雑記

トップキャップ交換


KP253 cannondale TOP CAP 5mm ROAD
オーバーホール作業の一貫で交換したハンドルのドロップ量が128mmだったので、トップキャップを薄い物に交換する事で落差を合わせました。


今まで使っていたケーンクリークのキャップが約7mmなんですが、新たに購入したキャノンデール純正のキャップは5mm、更に低い3mmカバーも買ってたりしますが、ステムの上に5mmのスペーサーを使う都合上5mmの方を使ってます。
  1. 2017/12/25(月) 15:46:23|
  2. CAAD10
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

肉抜きが貫通穴に!


今回のオーバーホールで新車購入時より使い続けたディレイラーハンガーも交換しました。
経年使用のストレスで微妙に内側に変形してる感じだったので、修正するよりは交換した方が気持ち良く乗れるだろう、って事で。

以前買った物を下ろしたので、新たに1個購入した訳ですが、仕様変更があって貫通穴になってました。
  1. 2017/12/23(土) 13:43:08|
  2. CAAD10
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

オーバーホール中


ちょっと早いけど、オーバーホール作業に取り掛かってます。
若干の仕様変更をしつつ組み立ててるので、完成は明日くらいかな?
  1. 2017/12/18(月) 12:02:26|
  2. CAAD10
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BBBのブレーキシュー

20171017122008824.jpg
BBB テックストップ ハイパフォーマンス ブレーキシュー

シマノのR55C4比較だと、柔らかいシューですね。
シマノのシューは結構リムを削るタイプなのか、アルミ片をよく噛みます。
RS81でもそうでしたが、のむラボホイールだと顕著に出る傾向がある様な。
音の変化で分かるから、その都度クリーニングをすればいいんですが、練習の最中に出ると家に戻るまではどうにもできませんし。
で、もう少しリムに優しいシューは無いものか、と探して出てきたのがBBBのシューでした。



ブレーキ面は青、サイドの仕上げは白と、結構目立ちます(笑)。






シマノのリム等、ブレーキ面の幅があるなら気にしなくても大丈夫ですが、キンリンのリムだとブレーキ面の幅が狭いので、そのままだとブレーキ面以外まで当たってしまいます。



なので、ちょっとだけ削って使っています。

柔らかいシューですが、制動力は55C4と同程度ありますし、より直線的に立ち上がるのでコントロールしやすい印象がありますね。
価格的にもシマノのシューとそう変わらないので、もうしばらくは、このまま使ってみようと思います。
  1. 2017/12/10(日) 12:24:30|
  2. CAAD10
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アリオネ00


使いはじめて1年経過してますが、カーボンのベースにクラックも無いし、表皮にこれといったダメージも出てないので、予想より耐久性がありますね。

導入時は、エッジが立ってるから初期型アンタレスの様に直ぐにサイドが擦り切れるかと思ってましたが(笑)


今ある傷はコンクリートに立て掛けた時に付いたものだけです。
  1. 2017/12/06(水) 15:48:33|
  2. CAAD10
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

のむラボホイール5号(後輪)

後輪は先週引き取ってきました( ´∀`)
ちょっと試して(と言うよりは体感して)みたい事があったので、組むのを一月ずらしてもらってたんですよ。


キンリンのXR200、TNIのエボリューションライトハブ、DTのチャンピオンとSAPIMのCX-RAYで組んであります。


組み方はのむラボ定番のヨンロク組で結線ありですが、体重が80kg近くあるので通常メニューの24Hではなく28Hに、フリー側スポークをコンペティションからチャンピオンに変更してもらってます。
こういった乗り手に合わせた仕様をオーダーできるのが手組の面白味ですね。
今回はチャンピ/CX-RAYで左右テンション差の是正とかかりの良さを狙ってみましたが、チャンピ/コンペで組んだのも試してみたい気もします。


重量はリムテープ込みで800gでした。


ちなみにビットリアのリムテープは20g位ですから、単純に判断するなら前後共にC24-CLより軽い仕上がりになってますね。
  1. 2017/11/15(水) 13:00:25|
  2. CAAD10
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

のむラボホイール5号(前輪)


先日、自転車工房のむラボさんへ行った時に引き取ってきた手組ホイールで、キンリンのXR200、TNIのスターハブ、SAPIMのCX-RAYで組んであります。


手持ちの1号のエボリューションライトハブと違い、スターハブはフランジ幅が完組のハブ並みの寸法になってます。


重量が少し重たいぶんハブ胴も太く、ベアリングのサイズもシャフトのサイズも余裕があるはずなので、使ってみたかったんですよ。


ヴィットリアのリムテープ込みで581gなので、常用できるアルミのクリンチャーホイールとしては軽い方ですね。
  1. 2017/11/06(月) 13:31:55|
  2. CAAD10
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

テスト中・・・




プーリーはともかく、チューブとブレーキシューは経過観察中(・∀・)
  1. 2017/10/17(火) 12:17:08|
  2. CAAD10
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

のむラボ へ行ってきました。


金曜日の事ですが。
雨で乗れないので、1号のフロントのメンテナンスと5号フロントの引き取りの為に、のむラボへ。

1号はベアリングにダメージがあったので交換、使用による極僅かな振れとテンションの低下もあったので、スポークの調整をしてもらってます。

ベアリングをダメにしたのは、玉当り調整機構の無いハブにRWSを使った自分のミスですね。
固定力がクイックより強い、という事の証明でもありますが(笑)。

引き取ってきた5号については、もうちょい乗ったら記事にします。
  1. 2017/10/08(日) 13:34:34|
  2. CAAD10
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蔵王ダムへ


昨日は滅多に無い日曜休みだったので、日野町にある蔵王ダムまで行ってきました。
普段走ってない道を走るのは、新鮮ですね(・∀・)
  1. 2017/10/02(月) 19:05:26|
  2. CAAD10
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

noriyuki 

Author:noriyuki 
日々の出来事から、自転車とバイク関連の記事を。
たまにティー/コーヒーカップ等の西洋磁器や銀器の話も。

WR関連の検索で来られた方は左下にある「カテゴリー」から"バイク"か"整備"で見てください。
質問があれはコメント欄に書いてもらえれば、自分の経験した範囲内なら返答できるかと。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する